多重債務に陥った場合の債務整理

初めは簡単に借りられるからと、安易に高利貸しなどでお金を借りて、やがてその返済が難しくなると、別の賃金業者からお金を借りてしまい、その借りたお金を利用して、初めに借りていた賃金業者の返済に充てていくという雪だるま式の借金があるわけです。これを何重にも行うとどこからいくら借りているのかなども解らなくなり、やがては借金地獄となるのです。このような借金の事を多重債務と呼び、これを解決するためには債務整理を行う必要が出てくるのです。債務整理は、弁護士や行政書士などが代わりに行ってくれるもので、借金の額を減額したり、借金自体をゼロにすると言うことも可能になります。また、高利貸しなどからお金を借りている場合、法律上許される金利以上の金利でお金を借りているため、余計に利息を支払っていることにもなります。このような余分に支払っている利息分は返済をしてもらうことが出来るそうです。これを行うためには、任意整理を行い、過払い金の返還を求めることになります。先ほどの借金の額をゼロにすると言うことを言いましたが、ゼロにする事は基本的には出来ないのですが、自己破産を行う事で借金そのものの面責から逃れられ、借金の額をゼロにする事が可能になります。しかし、自己破産をすれば信用機関からの借り入れなどが出来なくなるというデメリットがあります。このように、債務整理には、任意整理、自己破産などがあり、これ以外にも民事再生や特定調停と言う手法があるのです。